全部モズクのイトサン

2月 20, 2020 モズク, モズクの話

全部モズクのイトサン

Pocket

DSC_1084

 イトサンの「活モズク」は内容量=固形量。商品の全部モズクというもの。ほとんどの加工業者が水分をたっぷり入れて、内容量を増やし、固形量(モズク)を少なくしている状況下、イトサンのこの商品はおよそ正反対の路線を行く。

 消費者にとってはありがたい商品で、お徳。考えると、産地の沖縄で他府県マーケットでも勝負できる商品だ。

 「こんなの作ったら、儲けられない」

 「カップモズクにいかに水を入れるかが商売のカギ!」

と言い切る経営者までいたな。

 

コメントを残す