網張りタイミングをデータ化

11月 21, 2019 モズク, モズクの話

網張りタイミングをデータ化

Pocket

 株式会社NTTドコモはモズク養殖の網張りタイミングを「ICTブイ」データで判断できるようにし、作業のやり直しを減らす事業を進めている。これは沖縄県もずく養殖業振興協議会の今年度事業で実施されているもの。これまでモズク養殖においてボトルネックとなっていた問題を解決する可能性のあるもので、注目される。以下、NTTドコモの宣伝資料を紹介する。

    ◆      ◆

【お客さまの声 導入への期待】網を張る絶好のタイミングを「ICTブイ」のデータで判断できるようにして、作業のやり直しを減らしたい

 もずく養殖は漁業者の経験と勘を頼りにしていますが、海の状態が大きく影響するため、順調に成長しないことがあります。水温や塩分濃度が影響しているのではないかと作業仲間と話しています。

成長が悪い時は、海中から網を引き上げ、もずくを洗い流し、もう一度、水槽での種付け作業からやり直します。手間が増える上に生産量が減るので、大きな損出です。

 「ICTブイ」を使った環境モニタリング調査で、水温や塩分濃度の影響を究明できれば、スマートフォンの「ウミミル」アプリに送られてくる「ICTブイ」のデータを参考に、網を張るタイミングが検討できますので、作業のやり直しが減るだろうと期待しています。

 また、将来的には「ウミミル」アプリのコミュニケーション機能を養殖技術の伝承に活用し若手漁業者の育成やもずくの安定生産につなげたいと考えています。

 

コメントを残す