早期勝負型か?–勝連、知念、久米島、恩納は前倒し(前期漁期実績)

1月 16, 2020 モズク, モズクの話

早期勝負型か?–勝連、知念、久米島、恩納は前倒し(前期漁期実績)

Pocket

 この図は、「主な養殖モズク生産漁協の前期生産時期(実績)」である。「以前と比べオキナワモズク生産が前倒しされている」と言われている中で、前漁期の生産時期の実績をグラフ化した。

 伊是名漁協のかなり極端な生産開始が目立つが、不作となり、終漁時期も早く来ている。北部の伊是名、伊平屋エリアは通常だと終漁は7月まで延びると言われているが、前期は早く終わった。

 宜野座、勝連、知念、久米島漁協は漁期が長いが、目標生産量達成との関係は直接的に因果関係はなさそうだ。全県目標生産量が25%ダウンし、全体的に不作となった中で、前漁期、恩納、宜野座、久米島は目標生産量を達成し、水揚げ好調だった。

コメントを残す