【モズモズコラム】センター受験生へ—-養殖モズクにイノベーションを

1月 18, 2020 モズク, モズクの話

【モズモズコラム】センター受験生へ—-養殖モズクにイノベーションを

Pocket

 きょうは大学センター試験の1日目だった。若い受験生へ、基礎を学び、それを身に着け、社会へ出た後、あなたの属する業界の既成概念を疑え、と言いたい。

 養殖モズク業界の場合、養殖方法はひび建て方式で、この40年変わっていない。この養殖方式で良いのか?という疑問させ出てこない。関連する技術革新もほとんど出てこない。一番の原因は、そのようなことに対し問題意識を持ち、持続する人間が行政、業界にほとんど存在しないからなのだろう。さらに、生産量については、AIを駆使しての予測させ問題意識を持つ関係者はいない。産業社会から遅れること数十年。

 ウエハラが尊敬するスーパーモズク漁師の渡名喜盛二氏(久米島漁協前組合長)や海ブドウを産業化に貢献した銘苅さん(恩納村漁協)のようなモズク漁師が沖縄の地に出てこないと行けないと思う。若者よ、モズク業界へ来たれ!そして、渡名喜、銘苅さんの後に続け!

コメントを残す