4、5月ピークで  理想的なパターン—前期比86.5%増の大幅な伸び–恩納村漁協実力ある漁協

1月 19, 2020 モズク, モズクの話

4、5月ピークで  理想的なパターン—前期比86.5%増の大幅な伸び–恩納村漁協実力ある漁協

Pocket

 2019年「恩納村漁協の養殖モズク生産量の割合」を示した図である。2~6月で理想的。2月の漁期始めは”早摘みモズク”はごくわずかだ。2月16%で増え、4、5月に43%、32%とピークとなる。6月は6%と終漁となる。前漁期、898トンと目標生産量(482トン)の186.5%の実績を挙げて、驚異的な伸びをみせてる。

 豊作の原因は何か?ウエハラは非常に興味がある。今期も前期同様に好調な漁模様となるか?業界関係者が同漁協の動きに注目している。

コメントを残す