カテゴリー: 未分類

 2020年モズク生産量2万2916トン過去最高 オキナワモズク1キロ当たり200円

 

 2020年のモズク生産量は過去最高の2万2916トンとなった。これは

沖縄県もずく養殖業振興協議会(会長・上原亀一県漁連会長)発表によるも

の。不作だった前漁期の1万5745トンに対し45・5%増加した。水温が適温で

天候に恵まれたことが過去最高の原因という。

 オキナワモズク生産量は目標2万トンを11・7%上回る2万2356トン。一方、

糸モズクは目標700トンを20%下回る560トンとなった。1キロ当たりの単価

はともに200円前後で推移した。


 オキナワモズク生育の適性水温は25度以下と言われている。前漁期は生育

期の11~12月(2018年)に水温が高く、28度以上の日もあり、それが不作に

つながった。紺漁期の19年11月~12月で水温が25度を下回っり安定したこと、

日照などの環境要因が複合的に影響し、過去最高となった県水産海洋技術セ

ンター側は説明している。

 モズク最高生産地・勝連地区では、今期のモズク生産量は1万77トンと

なった。昨年の5906トンに比べ、70・6%増えた。勝連漁業協同組合では、

昨年は不作のため1キロ当たりの単価を平年の1・5倍の300円まで上がった

が、今年は200円に落ち着いた。

  ◆   ◆

 おわび。このサイトでは、6月末時点での全漁協の生産集計から、最終的

に1万3000トン台だと報じてきましたが、これには勝連地区の浜業者分が完

全に抜け落ちていました(そのむね記事でも説明した)。この浜業者分の約

9000トンを加え過去最高になったわけですが、他漁協は前年よりも減少

か、前年並みといいった状況で、勝連漁協地区のみの9000トンで一気に

状況がひっくりかえってしまいました。

 不思議だったこと。

 1、生産量1万3000トンだったにも関わらず、相場は全漁期を通し

200円/1キロ当たり、と高騰しなかったこと。コロナウイルスの影響で

需要減退という側面もあったが。

 2、3~7月のモズク生産シーズン、県内量販店モズク売場には品揃え

が豊富で減産を感じさせなかったこと。

 3、量販店モズク売場のモズクプライスにあまり変化が見られなかった

こと。

 とにかく恐るべし、勝連漁協地区。今回は生産量に間違いが発生しました。お詫び申し上げます。これからはさらに慎重にレポートします。

5月末時点でのオキナワモズク生産量1万2700トン 前期実績を若干下回るか?





 2020年オキナワモズク生産量は5月末時点で
12717.4トン(浜業者分の集計は除く)となった。 沖縄県もずく協
議会調べによる。 
昨年同時期は1340.8トンで、今期は浜業者分の取扱量が
カウントされていない。
 例年、浜業者取扱比率がどれだけかは明らかになっていないが、
本誌推計で今期は16000~18000トンと推測している。
 (生産数量は漁協が握っているとウエハラは理解している。漁協
が把握していない生産量ってあるのかな?)
 
 なお、糸モズク生産量は5月末時点で552.9トンだった。
 同協議会は、「勝連地区の加工業者へは近々中に訪れ、生産量の
精度アップを図る」という。

 

モズクは金と替えられるから幸せ 高級魚はコロナの影響で値下がりしている

 昨日のTVニュースで、いまアメリカではひよこを飼うことが流行って

いるらしい。コロナショックで家でこもっていても、腹は減る。そこで、

アメリカ人はひよこを飼い成鳥にし、たまごを生んでもらって、自給自足

しようと考えた。アメリカのペットショップではひよこは1羽200円。

 しかし、成鳥になるまで5~6カ月かかるし、1羽が生む卵は年間200

個くらい。ダメだ。たまごを自給自足しようなんて、できないよ。

 それではモズクを自給自足でくるかって?水槽で生育しようと考えても、

まだ技術的に無理やな。プールぐらいの陸上水槽でやろうとしても技術的に

無理やわ。

 ところで、同じTVニュースで、日本の養鶏農家も卵が売れ残って大変ら

しい。レストラン、居酒屋などの飲食店が休業に追いやられ、残並み需要

が激減しているらしい。苦肉の策として、SNSで「物々交換してください」

と呼びかけたら、なんと、「砂利があるで、庭に敷いたら」「漁師だけど、

今日取れた高級魚あるよ」「モノはないけど、労働力とたまご交換して」

「畑で取れた野菜と交換して」など物々交換の申し出がたくさんきた。

 ひるがえって、モズクは庶民価格で物々交換しなくとも、スーパーで

売れてるから大丈夫。モズkの神様ありがとうございます。

【モズモズコラム】「モズク買いたいんですね?」と機械的に言われた 

 久米島漁協へ、モズクの取材を申し込んだんだ時。電話口のお姉さん

が、「モズク」と聞いただけで、担当へ回してくれた。

 そして、担当のお姉さん、

 「モズクを購入したんですえね」

と開口一番に言ってきた。

 「えっ!毎日生モズク食べてますが、買うために電話したんじゃ

ありません。取材のお願いですよ」

 という、ちょっと焦った話やった。

 きょうは晴天、モズクはどんどん伸びるぞ。

山忠の3連2アイテムもあったど~ モズク加工品一気に増えたよ

 スーパーのモズクの棚には一気に加工モズクが増えたよ。

山忠食品工業の3連の「三杯酢もずく」、「米黒酢入りも

ずく」も棚に並んでいた。上の棚には平良冷凍の味つけモ

ズクが、下の棚にはフレッシュ沖縄の味つけモズクがサン

ドイッチしていた。モズク加工品がたくさんならぶとウエ

ハラもなんだか気分が高揚するな。

 スーパーの兄ちゃんに

「このモズクは新物?」

と尋ねると、

「新物って何ですか?」

と真顔で聞いてきた。

「バッキキャロー!モズクの角で頭打って死んじまえ!」

と怒鳴ったよ。

消費減退か?

最需要期に前年対比で売れ行きが落ち込んでいる

 モズク浜値の高騰で2019年シーズンは、モズク商品売れ行きピークの夏場に、消費が冷え込む事態となっている。

 8月9日開かれた沖縄県もずく養殖業振興協議会総会で配布された
資料「KSP-POSもずく商品の月次トレンド(全国713店舗」
みると、集計金額は前期よりも落ち込んでいることが分かる。

 これは全国713店舗の食品スーパーなど小売店舗の売り上げデータをKSPが集計し、解析したもの。

 折れ線グラフの集計金額を見ると、

 1月1.08、

 2月1.08、

 3月0.98.

 4月0.86、

 5月0.93、

 6月0.89、
となっている。

 ことし、2月まではわずかに前期を上回っていたが、目標生産量2万トン割れの情報が流れた3月、前期割れし、その後、需要ピークの夏場に向かっても前期割れした状態が続いている。この3,4年絶好調だったモズク商いだったが、注意信号が点滅しだした。(詳細分析は本誌で)