カテゴリー: 未分類

ゴーヤー黒糖チップスうまか

ゴーヤー黒糖チップスうまか | 沖縄の農水産食品JOURNAL

ゴーヤー黒糖チップスうまか

今朝、昨日のちびゴーヤでゴーヤーチップスを作った。 ほとんど、溶けてるゴーヤーを輪切りにし、西表産黒糖をまぶし、 レンジでチンを2回ほど。 黒糖がほどよく溶け、飴状になりゴーヤーに絡む。 冷めると、パリパリのおせんべいに。 黒糖の甘さがちょうどよい。しょっぱさもあり、熱中症対策に 良いかも。IT系は沖縄そば、ラーメンなどはあまり食べない。 おなか一杯になると頭回らなくなるから。 コーヒーとも相性よさそう。

驚きのゴーヤーライフサイクル

昨日7/22の14時過ぎ、職場のベランダにちびゴーヤーを発見。熱い中、

緑に輝くゴーヤーの生命力に見とれていた。

 ぞして、今日の同じ時間ごろ、職場のお姉さんたちが

ベランダで、なにやら騒いでいる。気になったが、仕事

に集中していたため、チラ見だけに留め、

ベランダまで行かなかった。

 ほどなくして、「ゴーヤーが半分黄色になった。この

ままにしておくと、完全に無くなってしまうので、収穫した。

だれか持ち帰りたい人!」

 との声に、うえはら即座に手を挙げた。

だれも手を挙げる人いなかったので、うえはらがゲットした。

ちびゴーヤー3つ。

「アバシゴーヤーの種を植えたが、生えてきたのは

ちびゴーヤーが出てきた。黄色いゴーヤーは苦くなく、

おいしい」

とお姉さん。

うえはら前日、妙に気になり、これらのちびゴーヤーを

撮影していた。それが、もう半分黄色とは。

なんだが、植物の命のはかなさを感じたよ。

   ◇     ◇

 「そういえば、ちびゴーヤーをもらってきたな」

 と思い出し、撮影しよと、ちびゴーヤーを袋から出したら、

全部黄色になっている。ちびちびゴーヤーも全身黄色になって

るよ。そして、身と中のわたが溶けてる。

なんという命のはかなさ。ちびちびゴーヤーのまま朽ち果てる

とは。

ベランダでそのままにしていたら、月曜には完全に溶けてなく

なっていたなと思った。

ゴーヤーを輪切りにし、シロップに漬け、ゴーヤー菓子を作ろう

と考えていたが、このままだと溶けて無くなってしまうので、

きょうは早めに帰ることにする。

ワラビとモズクと野菜ったっぷり麺を食べた

一関のワラビとモズクとヤサイチャンプルーのヘルシーおそば


 ひょんなことで知り合った岩手のSさんから、一関市の山菜をいただきました。

ワラビは、うえはら初めてだけど、「料理できる!」と自信があった。

モズクと同じ塩漬けだから。塩抜きの仕方はかなり得意。

 かき揚げリングで、山菜+モズク+野菜たっぷりのワラビかき揚げを作ろうと

考えた。しかし、てんぷら粉超薄めにしたことや、最初にフライパンでごま油

少な目で、ある程度形を作り、それからノンフライクッカーで10分くらい焼き上

げるという手順を大幅に変更することになった。

 かき揚げリングに具材を詰め、箸で押してしまった。

すると、かき揚げリングの側面の穴から、モズクが流出、それが一斉に固まりだした。

かなりイビツ。

 慌てて、戸惑ったが、早くワラビかき揚げ食べたい、というのもあり、

「何もかき揚げにこだわらなくてもいいや」

と方針を撤回。ワラビチャンプルーができちゃった。衣が少なめで、家族にも大好評。

紀文の「こんにゃくとおからの麺」に沖縄ソバだしの素を使い、水でかなり伸ばして、

沖縄そば風な麺にトッピングした。一関の春の香りがする格別の麺をすすり、シアワセ

を満喫しました。Sさん、ありがとうございました。





モズクもんじゃ焼きみたいな

 モズク菓子ってあまり出回っていない。

ウエハラは以前から考えていた。ヒットするモズク菓子。

腹が膨れるごはん系でもよい。

つい最近、身内が東京へ行き、土産で、「エビ入りもんじゃ焼き」を

買ってきた。

このもんじゃを見て、「これだ!」って思ったよ。

もんじゃの聖地・月島。

月島は築地市場の近くにある。

以前、豊海にある団体Aの仕事をしていて、月島のもんじゃ屋を横目で見ながら、

上京するたびに「いつかもんじゃ食べたい」と思っていた。

機会を見つけて「いつか行こう」と考えてた。

ウエハラ、もんじゃ食べた事ないよ。いまだに。

 ◆   ◆

2000年以前、「モズクの日」に今帰仁村長が言いました。

「私は、モズクを主食にすべきだと考えている。そうなると、

モズクの消費量は格段に上がる」

ウエハラは言葉が出ず、

「・・・素晴らしいアイデアですね」

と愛想笑いで応えた。

 ◆  ◆

あれから、25年ほど経ったが、いま、本気でウエハラもそう考えて

いる。もんじゃのようなもの、パンみたいなもの。

腹が膨れて、健康にも良く、美容にも良い。

太らない。

主食化すると、

沖縄のモズク漁民は儲かるよ。

ウエハラは、いうもモズク業界の明日を考えています。(ドヤ顔)

喜屋武産のニンジン食べたウニは激うま 

カボチャを食べるエゾバフンウニ。画像はガイアの夜明けから

 昨日、「ガイアの夜明け」をネットで見た。

 なんと母校の後輩の女子が大活躍していた。北海道の神恵内村の地域おこしとして、

村が取り組むエゾバフンウニの陸上養殖プロジェクトの養殖を指導している。ウニに

最適なエサは白菜で、色付けのためにはカボチャを与えるという。

 このTVを見ながら、そういえば糸満市の漁師がシラヒゲウニの養殖にチャレンジし、

敗北したことを思い出した。この漁師は、シラヒゲウニのエサを藻場に繁茂するホンンダ

ワラらどだと言っていた。「餌代は無料だ!」と自信満々だったが、その餌をとるためにも

人手がいるし、資源量に限界がある。

 彼女は、「天然ウニに近づけるというのではなく、オリジナリティがあり、天然よりも

おいしいウニを作りたい」

 と言っていた。

 ガイアの夜明けに出ていた母校の後輩は、神恵内村で生産された白菜、カボチャの規格外

を農家から安く仕入れているという。

 すると、糸満の場合、喜屋武のカロチノイドたっぷりのニンジンがあったではないか?

そして、甘みもあるから、養殖シラヒゲウニの味、色味ともきれいだろう。糸満産の黄金の

シラヒゲウニが食べたい。

寝てて儲かるって

 12月26日の「がっちりマンデー!!」は「儲かる音ビジネス!」だった。

うえはら、高校3年の頃、「寝ながら勉強できる枕」を買った。ノンレム睡眠と

レム睡眠の交互の反応を利用し、脳が活発に活動する間に、寝ながら勉強しようと

いう原理。あまり裕福ではなかった家だが、お小遣いをため、購入した。おそらく

3万円強。

 うえはら大学受験時、ひたすら寝た。謎の枕の中には、エンドレステープと再生機

が入っており、そのエンドレステープ3分間に英語、歴史などを吹き込み、それを寝な

がひたすら聞く。あまり、寝ているので、母が、

 「受験生なのに、いつも寝てばっかりで、大丈夫?」

と心配する始末。

 後日談だが、エンドレステープは1000円くらいで売っていた。だが、うえはら、その

おかげなのかどうかは分からないが、大学に合格したよ。

 いまだと、ICレコーダに録音し、エンドレスで再生すればよか。

来年も巣ごもり需要延長ならモズク商品で挑戦

 2021年ヒット商品番付けを日経MJがきょう発表した。

 それによると、巣ごもり商品延長で丸亀製麺の「丸亀弁当」が

ランクインしてた。うどんと天ぷらとスープ、卵焼きなどが入った

お弁当だ。コロナ禍が続き、巣ごもり需要も延長したことを受け、

丸亀製麺は巣ごもり需要を見事取り込んだ。

 ということは、モズク関係者も2022年もコロナ禍がさらに延長する

ことを見越して、コロナ禍に対応したモズク新商品を作ればよか。

巣ごもりでもおいしいモズクってあるのか?

 イトサン㈱の「海の麺」を巣ごもり需要に対応させるとか?

お子さんだけでもおいしいモズク麺とか?

家で楽しむモズクかき揚げ、モズク麺、モズクヒラヤチー、とか?

正月休みに考えよう。

親友が作った赤ちゃんイカスモークだった

 スモークラボ香屋のスモークの魚介、特に赤ちゃんイカは

親友が作ったものだった。定置網で漁獲された赤ちゃんイカは、

通常だと雑魚としてほとんど買いたたかれてしまう。だが、スモーク

ラボ香屋ができ、スモーク加工することで付加価値化を実現した。

赤ちゃんイカが、ちょうどよい大きさになっている。

これぞ親友マジック。

 同じ事をうえはらは、2009年、良いもの企画の社長・白田さんの講演

(沖縄県農水産販売促進協議会主催)で聞いた。白田さんは、長野県だったか、

アユ漁家の娘。通常、小型のアユは値が付かず、ほとんど廃棄されていたが、

白田さんはマーケットリサーチで、旅館では小型のアユの方がむしろ懐石料理

としてニーズがあり、料理人にも喜ばれることを知る。そして、白田さんは、

小型のアユの販路を次々と切り開いた。

 これと同じことが岩手の山田町で、親友が始めたようだ。貴重な赤ちゃんイカ、

心して味わった。桜のチップの香りも大変よい。

「呼び込み君」でグローバルニッチ市場を狙う

今朝の「がっちりマンデー」は「音ビジネス」。うえはら、

データサイエンスの自学習で、画像データ、動画データ、テ

キストデータと並んで、音声データの学習は必須。併せて音

波学にも足を踏み入れている。

DSだけではなく、CS(コンピュータサイエンス)も学ば

なあかんから、正直ワシの頭ではいっぱいいっぱい。

群馬電子の販売促進アイテム「呼び込み君」はスーパーのエンド

レスの呼び込みで、軽快なテンポについ財布のひもも緩んじゃう。

うえはらも、呼び込み君、欲しい。そして、「買わなくちゃ君」

のアプリを作り、それを販売し、儲けるもんね。市場は世界。

それもニッチ。モズク好きに売れる商品。つまり、世界のモズク

好きがターゲット。これぞ、グローバルニッチ。

牡蠣の酒蒸し「八重桜」は綾瀬やるかも驚く

大ぶりの三陸の牡蠣の酒蒸し「八重桜」は超贅沢。

八重桜って、あの綾瀬はるかちゃんの「八重の桜」?

綾瀬はるかも驚く牡蠣の酒蒸し。

これもスモークラボ香屋の商品。岩泉町の泉金酒造純米

酒「八重桜」でうま味を引き出し、芳醇な酒蒸しに仕上

げた。スモークラボ香屋と岩手大の先生、相当の上戸だ

ろうな、きっと。三陸の陸地の養分がしっかりと牡蠣の

糧になっているのを実感する商品。

「海は森の恋人である」、「森は海の恋人である」だっ

たか?

iphonで撮影するとき、すぐにQRコードに反応し、スモーク

ラボ香屋のサイトに飛ぶのも、撮影に専念できなくても、ぜん

ぜん煩わしくない。心おおらかになれるよ。20年以上前からあ

る技術で、沖縄の漁協や水産加工会社もぜひ採り入れましょう。

牡蠣の酒蒸し「八重桜」は綾瀬はるかも驚く

大ぶりの三陸の牡蠣の酒蒸し「八重桜」は超贅沢。

八重桜って、あの綾瀬はるかちゃんの「八重の桜」か?

綾瀬はるかも驚く牡蠣の酒蒸し「八重桜」。岩手と広島

だけに。

これもスモークラボ香屋の商品。岩泉町の泉金酒造純米

酒「八重桜」でうま味を引き出し、芳醇な酒蒸しに仕上

げた。スモークラボ香屋と岩手大の先生、相当の上戸だ

ろうな、きっと。三陸の陸地の養分がしっかりと牡蠣の

糧になっているのを実感する商品。

「海は森の恋人である」、「森は海の恋人である」だっ

たか?

iphonで撮影するとき、すぐにQRコードに反応し、スモーク

ラボ香屋のサイトに飛ぶのも、撮影に専念できなくても、ぜん

ぜん煩わしくない。心おおらかになれるよ。20年以上前からあ

る技術で、沖縄の漁協や水産加工会社もぜひ採り入れましょう。

ふっくら燻製。山田湾の幸とどいたよ

 岩手の親友から、三陸の海の幸が届きました。

 山田町のスモークラボ香屋さんの燻製。大粒のプリップリッのホタテ、赤ちゃんイカ。

赤ちゃんイカは定置網で漁獲されたものだろうか?それとも底引きで漁獲さらたものだ

ろうか?

 この商品は、スモークラボ香屋さんと岩手大学農学部三陸水産研究センターの共同研究

で生まれたもののようです。電子燻製法によりふっくらジューシーな新触感に仕上がって

います。

 うえはらが大学院に入院していたころ、沖縄のブランド豚を燻製にし、付加価値付与を

していた女子がいたな。燻製は付加価値アップの手段だな。

 きょうは、最高のイブになりました。

 ▼スモークラボ香屋://kaya.yamazon.info

保育園児が三枚おろしや揚げ物も

昨日送られてきた「Yahoo! JAPAN SDGs」は衝撃だった。
鹿児島県のある保育園。0歳児から料理の時間がある。

6歳にもなると、包丁片手に三枚おろし、コロッケなどの

揚げ物も作る。

園児たちの楽しい遠足の日を前に、予算が足りないと知った園児

たちは、レストランを開くことを決めた。メニューを決め、自分たち

で料理を作り、サービスした。

お客さんは、お母さん、お父さん、隣近所のおばさん、おじさん。

また、同日、園児たちは手製ランチョンマット、自分たちで作った

地元産果実シロップも販売。売上高10万円強。遠足経費を園児が捻出。

メニューや経費計算のため、文字を覚えねばならないため、「字の書き

方教えて」「足し算教えて」「数字を教えて」と家族にお勉強を習った。

また、両親が家へ帰ると、夕食を園児が作っていたということも。

何も両親に褒められたいからしたわけではなく、園児がおなかが空いたんで、

両親の分も作っただけ、と当たり前と言ったふうな顔。この保育園の教育って

すごい。

https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/98.html?cpt_n=mailmaga&cpt_m=em&cpt_s=476_1&cpt_c=&cpt_k=ang_278532_167767799_20211218

ゴーヤが気になり、楽しめない。

 おもろまちのサンエーメインプレイスで買った「ゴーヤチャンプルチップス」。

パッケージも派出て、良い商品なのだが、「ゴーヤ」と音引きをいれてない。

「チャンプル」にも音引きを入れてない。ウンナーンチュとしては、ヘンな感じ。

このネーミングした人、ヤマトゥンチューだろうなと思う。

以前、和田アキ子のあるナショナルブランド「ゴーヤチャンプルの素」の

CMのように、とてもヘン。

ゴーヤーチャンプルーなら、もっとゴーヤー感を出してほしい。沖縄戦ゴーヤーを

使っているなら、なおの事だ。音引きが入ってないから、そこが引っかかってお菓子を

楽しめなかったよ。残念な。

「海の麺」和そばにして欲しい!

イトサンのモズク麺の「海の麺」を岩手の友人に歳暮用として、贈った。

すると、感想を送ってきてくれた。

「もずく麺。見た目は蕎麦だけど食感はマロニー、鰹の出汁がシンプルで

品があり、アーサが磯に連れていってくれて、おいしかった」

鰹節の上品さ、アーサの磯の香りが、高評価を得ている。

この感想を今朝、イトサンへもすぐに送信し、情報共有することにした。

夕方、ネット担当者から、

「もずく麺(海の麺)のだし、アーサの感想を頂きありがとうございます。

少しずつですが、リピーターも増えいます。今後の改良点として、もずく麺の

食感をもっと良くしたいと思っています」

と返信が来た。

 さすがイトサン。商品を世に出したら、それでおしまい、というのではない。

しっかりと、次の問題点を見つけ出し、PPDACサイクルを回している。

 ・plobem  

問題を発見する。

 ・plan

それを解決するための分析の計画を立てる。

 ・Data

データの集め方、どのような内容になるのかを検討する。

 ・Analysis

そのデータを分析。

 ・Conclusion 

分析によって結論を出す。

 □   □

PPDACサイクルは、データサイエンスを採り入れているIT企業では展開

されている。一般に製造業ではPDCAが主に採り入れられているが、うえは

らはいま、データサイエンスを自学習中だから、断然PPDACを主に使って

いる。

イトサンにお願いしたいことだが、うえはらは大宜味村産のそば粉を使い、

和そばを作ってもらいたい。

県内ではそば粉には抵抗感を示す人もいるが、うえはらはあの香りがたまらない。

そば粉に含まれるレスチンは健康にも良い。モズクざるそばにしたら、夏が長い沖縄に

とって、周年商材にもなる。モズク消費が落ち込む9~2月の救世主にもなる。

イトサンは年中忙しくなるよ。また、モズクかけそばでもヒットすると思う。

なんだったら、和そばだと、岩手へ送り、モズクわんこそばにもなるかも。すごい消費量

になりそう。

大城社長、島袋さん、モズク和そば作って。

沖縄の乳業は100年企業

 沖縄明治、沖縄森永などのナショナルブランドの沖縄版のほかにも、

県内には乳業メーカーが2、3社ある。それが100年企業で、大正時代

初期の創業だったとは。すごい。昔のウチナーンチュはモダンだった。

私は、てっきり沖縄戦後の米軍統治時代に普及したものだと思っていた。

すると、戦前の沖縄で、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も生産していた

のかな?今度、調べてみよう。

ファミマの沖縄天ぷら無くなった

 以前から、ファミマ全店で展開していたU天ぷら店のウチナー天ぷらを食べて

見たいと思っていた。発売開始が2019年だから、今からもう2年も前だ。

 2、3週間前、やっと朝、8時半ごろ、ファミマに行き、お目当てのウチナー天ぷら

を探したが、ワーマーはあったが、仲にも何もなし、たまため売り切れなんだろう、と

思い、今度また来店しようと決めた。

 そして、昨日、同じ頃の朝の9時。ファミマにはワーマーも消えていた。ワシは悲しい

気持ちでファミマを後にした。

いらつく菓子ってどう?

 今朝、おもろまちのりうぼう楽市楽座へ行き、「わかめアーモンド」

「さばリップアーモンド」「ししみアーモンド」「玄米せんべい」を買って

きた。1週間ほど前から、購入を楽しみにしていた。油で揚げておらず、

ヘルシー。製造工程に「乾燥」を入れた菓子だ。

 まず、「わかめアーモンド」「さばチップアーモンド」の2袋を試食した。

小包装されていて、一見おしゃれ。

 しかし、食べるために小包装を開けると、「さばチップアーモンド」も「わかめ

アーモンド」もゴチャゴチャに粉砕されており、まとまりにかける。

まるで、ふりかけ、あるいはごはんに入れる混ぜ込みご飯の素のようだ。味は非常に

良い。

 酒の肴にしても、食べにくいったらありゃしない。手についたさばチップやわかめが

当たり一面に落下。オカンは鬼のように怒るし。ワシもイライラするし。

 そんなわけで、「さばチップアーモンド」「わかめアーモンド」は改良を加えるべき

商品と見なします。もっとまとまってくれ。

ゴーヤーチップス

 南国ゴーヤーチップス。「南国」「沖縄粟国の塩50%使用」を記載し、訴求。

だが、原産国はベトナム。

粟国の塩を使っているのは良い。パッケージは見栄えがし、垢抜けしてよい。これも油菓子で、ゴーヤーを輪切りにし、

油で揚げたチップス。ヘルシー路線の、乾燥ベジタブル風に、油を極力抑えたものはないのかな?

ヘルシーなゴーヤーチップスとは

 午前中におもろまちのサンエーメインプレイスへ買い物へ行ったとき、お菓子コーナーで、ゴーヤーチップス、ゴーヤチャンプルを発見。パッケージも目立つし、センスも良い。サイズ感も良い。即買いました。

 しかし、ゴーヤーチップスは原産国ベトナム。

 ゴーヤチャンプルは沖縄産のゴーヤー粉末を使っている。

ゴーヤチャンプルのゴーヤになぜ音引き抜きのかはナゾだ。少し残念な点は両方とも「油菓子」ということ。せっかくヘルシーなゴーヤーを原料に使っていながら、油で揚げる方法を採用しているとは。

 油焼け(酸化)すると変な味がして臭いもするのに。粟国の塩を使ているのはポイントが高いだけに残念な。観光土産品大手だけに改善していただけないものだろうか。

 2020年モズク生産量2万2916トン過去最高 オキナワモズク1キロ当たり200円

 

 2020年のモズク生産量は過去最高の2万2916トンとなった。これは

沖縄県もずく養殖業振興協議会(会長・上原亀一県漁連会長)発表によるも

の。不作だった前漁期の1万5745トンに対し45・5%増加した。水温が適温で

天候に恵まれたことが過去最高の原因という。

 オキナワモズク生産量は目標2万トンを11・7%上回る2万2356トン。一方、

糸モズクは目標700トンを20%下回る560トンとなった。1キロ当たりの単価

はともに200円前後で推移した。


 オキナワモズク生育の適性水温は25度以下と言われている。前漁期は生育

期の11~12月(2018年)に水温が高く、28度以上の日もあり、それが不作に

つながった。紺漁期の19年11月~12月で水温が25度を下回っり安定したこと、

日照などの環境要因が複合的に影響し、過去最高となった県水産海洋技術セ

ンター側は説明している。

 モズク最高生産地・勝連地区では、今期のモズク生産量は1万77トンと

なった。昨年の5906トンに比べ、70・6%増えた。勝連漁業協同組合では、

昨年は不作のため1キロ当たりの単価を平年の1・5倍の300円まで上がった

が、今年は200円に落ち着いた。

  ◆   ◆

 おわび。このサイトでは、6月末時点での全漁協の生産集計から、最終的

に1万3000トン台だと報じてきましたが、これには勝連地区の浜業者分が完

全に抜け落ちていました(そのむね記事でも説明した)。この浜業者分の約

9000トンを加え過去最高になったわけですが、他漁協は前年よりも減少

か、前年並みといいった状況で、勝連漁協地区のみの9000トンで一気に

状況がひっくりかえってしまいました。

 不思議だったこと。

 1、生産量1万3000トンだったにも関わらず、相場は全漁期を通し

200円/1キロ当たり、と高騰しなかったこと。コロナウイルスの影響で

需要減退という側面もあったが。

 2、3~7月のモズク生産シーズン、県内量販店モズク売場には品揃え

が豊富で減産を感じさせなかったこと。

 3、量販店モズク売場のモズクプライスにあまり変化が見られなかった

こと。

 とにかく恐るべし、勝連漁協地区。今回は生産量に間違いが発生しました。お詫び申し上げます。これからはさらに慎重にレポートします。

5月末時点でのオキナワモズク生産量1万2700トン 前期実績を若干下回るか?





 2020年オキナワモズク生産量は5月末時点で
12717.4トン(浜業者分の集計は除く)となった。 沖縄県もずく協
議会調べによる。 
昨年同時期は1340.8トンで、今期は浜業者分の取扱量が
カウントされていない。
 例年、浜業者取扱比率がどれだけかは明らかになっていないが、
本誌推計で今期は16000~18000トンと推測している。
 (生産数量は漁協が握っているとウエハラは理解している。漁協
が把握していない生産量ってあるのかな?)
 
 なお、糸モズク生産量は5月末時点で552.9トンだった。
 同協議会は、「勝連地区の加工業者へは近々中に訪れ、生産量の
精度アップを図る」という。

 

モズクは金と替えられるから幸せ 高級魚はコロナの影響で値下がりしている

 昨日のTVニュースで、いまアメリカではひよこを飼うことが流行って

いるらしい。コロナショックで家でこもっていても、腹は減る。そこで、

アメリカ人はひよこを飼い成鳥にし、たまごを生んでもらって、自給自足

しようと考えた。アメリカのペットショップではひよこは1羽200円。

 しかし、成鳥になるまで5~6カ月かかるし、1羽が生む卵は年間200

個くらい。ダメだ。たまごを自給自足しようなんて、できないよ。

 それではモズクを自給自足でくるかって?水槽で生育しようと考えても、

まだ技術的に無理やな。プールぐらいの陸上水槽でやろうとしても技術的に

無理やわ。

 ところで、同じTVニュースで、日本の養鶏農家も卵が売れ残って大変ら

しい。レストラン、居酒屋などの飲食店が休業に追いやられ、残並み需要

が激減しているらしい。苦肉の策として、SNSで「物々交換してください」

と呼びかけたら、なんと、「砂利があるで、庭に敷いたら」「漁師だけど、

今日取れた高級魚あるよ」「モノはないけど、労働力とたまご交換して」

「畑で取れた野菜と交換して」など物々交換の申し出がたくさんきた。

 ひるがえって、モズクは庶民価格で物々交換しなくとも、スーパーで

売れてるから大丈夫。モズkの神様ありがとうございます。

【モズモズコラム】「モズク買いたいんですね?」と機械的に言われた 

 久米島漁協へ、モズクの取材を申し込んだんだ時。電話口のお姉さん

が、「モズク」と聞いただけで、担当へ回してくれた。

 そして、担当のお姉さん、

 「モズクを購入したんですえね」

と開口一番に言ってきた。

 「えっ!毎日生モズク食べてますが、買うために電話したんじゃ

ありません。取材のお願いですよ」

 という、ちょっと焦った話やった。

 きょうは晴天、モズクはどんどん伸びるぞ。

山忠の3連2アイテムもあったど~ モズク加工品一気に増えたよ

 スーパーのモズクの棚には一気に加工モズクが増えたよ。

山忠食品工業の3連の「三杯酢もずく」、「米黒酢入りも

ずく」も棚に並んでいた。上の棚には平良冷凍の味つけモ

ズクが、下の棚にはフレッシュ沖縄の味つけモズクがサン

ドイッチしていた。モズク加工品がたくさんならぶとウエ

ハラもなんだか気分が高揚するな。

 スーパーの兄ちゃんに

「このモズクは新物?」

と尋ねると、

「新物って何ですか?」

と真顔で聞いてきた。

「バッキキャロー!モズクの角で頭打って死んじまえ!」

と怒鳴ったよ。

消費減退か?

最需要期に前年対比で売れ行きが落ち込んでいる

 モズク浜値の高騰で2019年シーズンは、モズク商品売れ行きピークの夏場に、消費が冷え込む事態となっている。

 8月9日開かれた沖縄県もずく養殖業振興協議会総会で配布された
資料「KSP-POSもずく商品の月次トレンド(全国713店舗」
みると、集計金額は前期よりも落ち込んでいることが分かる。

 これは全国713店舗の食品スーパーなど小売店舗の売り上げデータをKSPが集計し、解析したもの。

 折れ線グラフの集計金額を見ると、

 1月1.08、

 2月1.08、

 3月0.98.

 4月0.86、

 5月0.93、

 6月0.89、
となっている。

 ことし、2月まではわずかに前期を上回っていたが、目標生産量2万トン割れの情報が流れた3月、前期割れし、その後、需要ピークの夏場に向かっても前期割れした状態が続いている。この3,4年絶好調だったモズク商いだったが、注意信号が点滅しだした。(詳細分析は本誌で)